アクセス

自動車の場合

電車の場合

周辺の見所情報

見頃:3月下旬~4月上旬
身延山のしだれ桜

身延山久遠寺周辺は、日本さくらの名所100選に選ばれ、全国有数の桜の名所。中でも身延山久遠寺のしだれ桜は樹齢400年で全国しだれ桜10選のひとつです。桜の花が地面に垂れ下がる様子は大変見応えがあります。

満開の時期は非常に多くの観光客で賑わっており、しだれ桜をバックに記念撮影をしている人やカメラマンの姿が多く見られます。

なお、期間中は久遠寺までの道が大変混雑するため、交通状況(渋滞)により、一方通行になります。

見頃:3月下旬~4月上旬
大法師公園2000本の桜

大法師公園は日本のさくら100選にも選ばれた桜の名所!富士川をはじめ、甲府盆地の街並みを越えて遠く八ヶ岳や奥地秩父方面も一望できます。桜が満開になると小高い山頂が淡いピンク一体に染まりとても鮮やかになります。桜はサトザクラ、シダレザクラ、など約2000本が植えられていています。 また夜にはさくらのライトアップがあります。夜のライトアップの桜は、昼間に見る桜とは一味違ったおもむきの夜桜になっていますのでこちらもオススメです。そして大法師公園では毎年、大法師さくら祭りがサクラの開花状況に合わせて10日間程開催されます。祭りも楽しめるし、のんびりとサクラを楽しみながら散策するのもいいと思います!

見頃:4月下旬~5月下旬
富士芝桜

富士の風物詩として広く知られることとなった「富士芝桜まつり」。

富士山の大自然の中に、植付面積2.4ha、約80万株に増えたシバザクラの群生。

4年目の春を迎え、更に成長した芝桜は、より密度も濃く、大地を覆わんばかりの赤・紅・白・桜入りの絨毯を今年も広げることでしょう。

新緑の森、青い空と富士山。鮮やかな色のコントラストが春から初夏への世界を彩ります。

見頃:5月下旬~6月下旬
ホタル観賞

身延町では、5月下旬から6月下旬までホタルの観賞期間を迎え、自然繁殖したホタルの幻想的な舞いが初夏の訪れを告げます。

また、観賞期間中の6月4日には、「一色ホタルまつり」が開催されます。

旅館よりホタル鑑賞会場まで無料の送迎バスをご用意しております。

期間:6月上旬~6月下旬
さくらんぼ狩り さつき園

アルプス市にあるさくらんぼ狩り農園のさつき園。

40分間、園内にあるさくらんぼが食べ放題です。

優良生産者を受賞した農園で、高級さくらんぼを味わってみませんか。

期間:6月上旬~6月下旬
うつぶな公園のあじさい

南部町にある「うつぶな公園」

毎年6月中旬頃に色とりどりのあじさいが満開になります。 その数60品種、2万株!

高低差のある高台に咲くあじさいは、眼下に広がる景色とミックスしてそれはもう見事です。

この時期に行われる「あじさいまつり」では、地元でしか手に入らない手作りグッズの販売もあり多くの人で賑わっています。

期間:6月上旬~6月下旬
あじさい寺(下山妙見寺)

6月から7月にかけて3千株、約6万本もの色とりどりの紫陽花が咲きみだれ、参道から境内を飾る紫陽花の美しさから「あじさい寺」と呼ばれ親しまれています。

期日:毎年8月上旬
ヤマメ祭り

下部川の清流で『ヤマメ釣り』や『つかみ取り』を楽しむ事ができるヤマメまつりが開催されます。

釣り上げたヤマメは夕食時に塩焼きあるいはお土産として冷凍いたします。

見頃:10月下旬~11月中旬
R300「甲州いろは坂」の紅葉情報

甲州いろは坂は下部温泉郷から本栖湖に抜ける国道300号線。 九十九折れの峠を、鮮やかな紅葉がすっぽりと包み、まるでカラフルなトンネルを抜けているかのようです。

本家日光のいろは坂にも負けない景色がドライバーの目を楽しませています。

峠を越えた本栖湖からは、千円札の題材にもなった富士山の姿が浮かび、その雄大さに圧倒されるでしょう。

記念に1枚パチリ!富士山をバックに写真撮影をしたら、湖畔を一周することをオススメします。

湖畔沿いにある「佛光山本栖寺」付近の紅葉も見事です。

開催:10月10・11日 10月17・18日
曙大豆収穫体験

曙大豆は地域性が強く生産量が限られているため「幻の大豆」と言われています。特にその枝豆は収穫期が短く、なかなか市場に出回らない超希少品です。

期間:毎年2月中旬
下部寒仕込み味噌作り体験

古くから寒の水を使っての味噌は一番旨いと言われています。自分で仕込む本格派味噌あなたも体験してみませんか?秋までゆっくり蔵でねかせます。秋には蔵出しも体験ご宿泊と併せてご利用頂けます。

  • 身延山桜祭り
  • 本栖湖芝サクラ祭り
  • 下部ホタル祭り
  • 下部温泉祭り
  • 秋の紅葉祭り